【最新版】香港ディズニーランドでベビーカーレンタルしてきました!

【2023最新】香港ディズニーランドでベビーカーレンタルしてきました! 香港
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています。
本ページはプロモーションが含まれています。

香港ディズニーランドで、実際にベビーカーのレンタルをしてきました!
レンタル用ベビーカーは2022年後半よりリニューアル!最新版のベビーカーの写真と共に紹介します♪

最新版ベビーカーの種類と特徴

香港ディズニーランドのレンタルベビーカー
  • 体重27kgまで
  • 広々した座面
  • 座面はクッション性まったく無し
  • シート下に荷物収納可能
  • 背面に通気孔
  • 窓付きの日よけ
  • 大きなタイヤで操作性◎

香港ディズニーランドのレンタル用ベビーカーの体重制限はなんと27kg!6ヶ月〜7歳の子供を対象にレンタル可能です。

座面は広く、アジャスタブルシート仕様で、年齢や体格の異なる子供にもフィット。

シート下に大容量の荷物入れがあり、ペットボトルホルダーも1つ付いています。

私は日本からベビーカー用フックを持参。やはりこれがあるとめちゃくちゃ便利!かさばるものではないので、スーツケースに忍ばせておくことをおススメします◎

香港ディズニーランドのレンタルベビーカー
オリジナルデザインのサングラスミッキーがかわいい!

しっかりとした日よけも付いています。夏の香港では必須!

背面は通気孔があるので蒸れ対策もされています。

香港ディズニーランドのレンタルベビーカー

後輪が大きくなっていて非常に押しやすく、操作性も良いです。

座面は樹脂製(?)でクッション性は一切ありません。。。カチカチです。

椅子に座っているような感覚だと思いますので幼児は特に気になりませんが、赤ちゃんだと固いのがちょっと可哀そうかもしれません汗

娘は当時3歳半・体重15kg程でした。

当日のレンタルカウンター

ベビーカーレンタルを利用するには、ディズニーランドの入場時してすぐ、メインストリートUSAにあるシティーホールの隣の消防署で手続きを行います。(赤と白のボーダーの大きなパラソルが目印!)

ベビーカーは和声英語ですので、海外では通じません!
クルーにレンタル場所を尋ねる場合などは、「stroller」(ストローラー)と言うと通じます。

料金とデポジットについて

香港ディズニーランドのレンタルベビーカー

ベビーカー1台につき 1日/HK$150
レインカバー1枚につき 1日/HK$50
ベビーカーロック1個につき 1日HK$50

またデポジット(保証金)がそれぞれにHK100かかります。

デポジットはパークの通常営業時間内に返却すれば戻って来ます。返却時にはレンタルした際に渡されるレンタルチケットを提示する必要がありますので、無くさないように要注意です! 

再入場はできる?

レンタルベビーカーはパーク外へ持ち出すことはできないので、再入場の際には一旦ベビーカーを返します。
一度ホテルへ戻りたかったので、レンタルカウンターへ訪れ再入場したい旨を伝え、実際に再レンタルしました◎

スポンサーリンク

レンタルの終了とデポジットの返却

返却の際は、またレンタルカウンターに訪れベビーカーを返却します。ベビーカーが正常な状態であれば、デポジットが返金されます。

返却時にはレンタルした際に渡されるレンタルチケットを提示する必要があります。

私が訪れた日は、夜のショー「モーメンタス」が20時スタートですが、ベビーカーはパーククローズの20時までに返却するように強調して言われたので、もちろんルールを守って20時には返却し、モーメンタスは抱っこで鑑賞。

ですが、周りには返していない方も結構いらっしゃいました。汗

時間内に返さなかった場合はデポジットが戻ってこない可能性もあるかと思います。

香港ディズニーランドでのベビーカーレンタルは、家族連れにとってストレスの少ない滞在を実現する手段の一つです。お子様と一緒に、ディズニーの魔法に包まれた素敵な時間を♪

香港ディズニーランド関連レポ

香港ディズニーランドホテル子連れ宿泊レポ

ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ宿泊レポ

スポンサーリンク
香港
子どもとお出かけ – 淡路島

コメント

タイトルとURLをコピーしました